top of page

長年別居を継続し連絡も取っていない夫と速やかに協議離婚をした上で、年金分割を行なった事例

依頼主:50代/女性

 

ご依頼の経緯

「長年別居を続け、連絡も取っていない夫と離婚したが、直接話をするのは怖いし、まともに話し合いはできないと思う。速やかに離婚できるなら財産分与や婚姻費用は求めないが、老後のために年金分割は行ってほしい。」という相談でした。



当事務所の対応

速やかに弁護士から夫に書面を送付し、離婚についての協議を開始しました。当初は夫からの反応はありませんでしたが、内容証明郵便で催促の書面を送る等した結果、夫も離婚協議に応じるようになり、依頼から3ヶ月程度で離婚が成立しました。

年金分割については、離婚後に弁護士を通じて年金分割の按分割合を決定する審判を家庭裁判所に申し立て、手続きを行いました。

結果として、依頼者の方は一度も夫と直接連絡を取ることなく、離婚と年金分割の手続きを終えることができました。



古川 司弁護士からのコメント

長年別居をしていたり、別居の原因にDVがあるなどの理由で相手との直接の連絡が難しい場合には、弁護士に依頼をすることで、相手と直接連絡を取らずに離婚の手続きを進めることができます。

そのようなご事情がある場合には、一度弁護士に相談することをお勧めいたします。

Comments


bottom of page