別居して離婚を求めてきた夫に対し、離婚と引き換えに婚姻費用、財産分与、解決金の支払いを認めさせた事例

依頼主:30代/女性

 

ご依頼の経緯

「突然出て行った夫から離婚して欲しいという請求をされた。突然のことでとても戸惑っているし、夫が説明する離婚したい理由に全く納得ができない。離婚に応じなくてはならないのか。」という相談でした。



当事務所の対応

夫から納得のいく説明がなかったため、離婚を拒否するとともに、夫に対して婚姻費用(妻の生活費)を請求する調停を家庭裁判所に申立てました。夫からは離婚を求める調停が並行して申立てられました。

調停が進むにつれ、依頼者の方の心情が早期に離婚して新しい人生に進みたいというものに変わってきました。そこで、条件次第では離婚に応じるという方向で交渉を進め、未払いになっている婚姻費用や財産分与に加えて、解決金の支払いを認めさせました。


古川 司弁護士からのコメント

依頼者の方の心情の変化に応じて、その時点での最良の方針を常に相談しながら決めていきました。

一方で、調停における離婚条件の交渉方法については弁護士に一任してもらい、夫側との駆け引きなどの末に解決金を獲得することができました。