養育費や財産分与の支払いを拒絶する夫から養育費や財産分与の支払いを獲得した事例

依頼主:50代/女性

 

ご依頼の経緯

「すぐにでも離婚したい。夫は離婚には同意しているが養育費や財産分与は支払わないと言っている。過去に夫からの暴力があり、怖くて自分では交渉できない」との相談でした。



当事務所の対応

養育費や財産分与については何も取り決めずに離婚し、その後に弁護士を通じて元夫に対して速やかに養育費と財産分与を請求する調停を家庭裁判所に申立てました。調停の結果、子供の大学院卒業までの養育費や財産分与を獲得しました。


古川 司弁護士からのコメント

一般的に、離婚には応じずに別居だけして婚姻費用(妻と子供の生活費)を請求した方が養育費(子供の生活費)を請求するよりも高額になるため、離婚をする前に弁護士を通じて婚姻費用の請求をすることがセオリーです。しかし、依頼者の方の夫に対する恐怖心が強く、一刻も早く離婚して少しでも関係を断ちたいとのことでした。そのため、先に離婚をしてしまった後で、弁護士を通じて養育費や財産分与を請求することにしました。

依頼後は弁護士が元夫との全ての連絡の窓口となり、依頼者の方が元夫と接触してしまうことがないよう十分な配慮を行いました。

養育費については、粘り強い交渉を行い、通常は中々認められない大学院卒業までの養育費を獲得しました。