不倫相手に対して高額な慰謝料の支払いを認めさせるとともに、妻と2度と接触しないことを約束させた事例

依頼主:30代/男性

 

ご依頼の経緯

「妻の不倫が発覚し、妻は出て行ってしまった。しかし、自分としては妻と関係を修復したいと考えているので、不倫相手には慰謝料請求をするとともに2度と妻に接触しないよう約束してほしい」という相談でした。



当事務所の対応

不倫を機に別居状態となるなど不倫による精神的苦痛は甚大であり、慰謝料額は高額になることを主張するとともに、不倫は継続することは不法行為にあたるため妻との関係を解消するよう強く求めました。結果として高額な慰謝料と接触しないという約束を獲得することができました。


古川 司弁護士からのコメント

高額な慰謝料と接触しないという約束はトレードオフの関係にあるため、その両立には高度な交渉技術が必要になります。できるだけ有利な解決を望むのであれば、一度弁護士に相談をするのがおすすめです。