高額な不倫の慰謝料請求を大幅に減額し、退職や違約金付きの接触禁止の要求を撤回させた事例

依頼主:20代/女性

 

ご依頼の経緯

「職場関係の既婚男性と不倫をしてしまった。男性の奥さんから、高額な不倫の慰謝料請求とともに、職場を辞めることや違約金付きで二度と接触しないことを約束するよう求められている。応じないと職場に不倫をばらすなどとも言われ困っている」という相談でした。



当事務所の対応

受任後、弁護士から、不倫自体は謝罪するととともに、職場に連絡することは絶対にしないように強く申入れを行いました。

また、退職や違約金については絶対に応じられないことを伝えて粘り強く交渉を重ねた結果、慰謝料金額を大幅に減額するとともに、退職や違約金については撤回させることができました。


古川 司弁護士からのコメント

依頼者の方は、不倫してしまったこと自体は申し訳ないと思っているし適切な慰謝料を支払うつもりはあるものの、相手のあまりに過大な要求に困っているという状況でした。不倫をしてしまったことに対する責任はあるとしても、なんでも要求を受け入れなくてはいけないというものではありません。無理な要求に対しては毅然とした態度で対応することが必要です。