不倫慰謝料請求

​こんなお悩みございませんか?

・不倫の慰謝料を請求したい
・不倫の慰謝料を請求された
・弁護士から通知書が届いた
・不倫慰謝料の交渉をしてほしい
・裁判を提起したい
・裁判を提起された
など

配偶者が不倫をした場合、配偶者と不倫相手に対して不倫慰謝料を請求することができます。
不倫慰謝料の金額は、不倫による夫婦関係への影響の大小、不倫の期間・回数・態様などの悪質性の程度、発覚後の不倫相手の態度などによって、数十万円から500万円程度の幅で変わってきます。

不倫慰謝料を請求する場合にはいくらぐらい獲得することができそうかを、請求された場合にはいくらぐらい支払うのが適当であるのかを、弁護士に相談することをお勧めします。
また、その際には、不倫を立証する証拠がどの程度必要かについても確認することも大切です。

不倫慰謝料の金額が合意できたとしても、その合意をどのように形にするのかも考えなくてはいけません。
請求する側からすれば約束通りの慰謝料の支払いが期待できるよう合意書を公正証書で作成することを検討する必要がありますし、請求される側からすれば、不当に重い制裁を課す条項が入っていないかなどチェックする必要があります。